遠距離恋愛

【徹底解説】「返信遅すぎ!」遠距離の恋人のLINE頻度が低いときの対処法

【徹底解説】「返信遅すぎ!」遠距離の恋人のLINE頻度が低いときの対処法
もちおくん
もちおくん
遠距離恋愛の恋人からLINEの返信がなくて不安・・・
会えない分、しっかり連絡を取り合って繋がっていたいよね
おもち
おもち
もちおくん
もちおくん
恋人がLINEの返信をしてくれないときは「もっと返信して!」とお願いしていいの?
催促するのはやめた方がいいよ。効果的な対処法をこれから紹介するよ
おもち
おもち

 

  • 遠距離恋愛をしている恋人のLINEの頻度が低くて寂しい
  • 早くLINEの返信をしてもらう方法を知りたい
  • ストレスのないペースでLINEのやりとりができるようになりたい

こういった悩みを持っているあなたに向けて書いた記事です。

 

本記事の内容
  • 遠距離の恋人のLINE頻度が低いときの対処法3つ
  • 恋人からLINEの返信がないときのNG行動2つ
  • ストレスのないLINEのペースを作るための話し合いについて

本記事ではこれらについてお話します。

  • 遠距離の恋人のLINEの返信頻度を改善する方法が分かります
  • LINEの頻度で悩まなくてよくなります

 

この記事の執筆者:おもち

  • 遠距離恋愛歴7年目
  • 恋愛心理学を勉強している
  • Twitterで恋愛相談受付中

 

遠距離の恋人のLINE頻度が低いときの対処法3つ

「返信遅すぎ!」遠距離の恋人のLINE頻度が低いときの対処法【H2】

遠距離の恋人のLINE頻度が低いときの対処法は下記3つです。

LINE頻度が低いときの対処法
  1. 恋人がサクッと返信できるLINEを送る
  2. 恋人が興味を持っている話題のLINEを送る
  3. LINEを送る時間帯を意識する

順番に詳しくお話していきます。

 

恋人がサクッと返信できるLINEを送る

もちおくん
もちおくん
具体的にどうすればいいの?
サクッと返信できるLINEで意識することは2つだけ!
おもち
おもち

恋人のLINE頻度が低いときの対処法の1つめは「恋人がサクッと返信できるLINEを送る」です。

時間をかけずに返信できるかできないかは、LINE頻度に非常に大きな影響を与えます。

当然時間をかけずに返信できるLINEの方が、返信率が高く、返信までのスピードも速いです。

具体的に返信しやすいLINEを送るためには、下記の2つを意識しましょう。

  • 適切な長さの文を送る
  • 答えやすい質問をする

この2つについて深堀りしていきたいと思います。

 

適切な長さの文とは?

適切な長さの文とは、恋人が送ってくる文の長さのことです。

恋人が1~2文のLINEを送ってくるのであれば、あなたも1~2文の返信を。

恋人が長文を送ってくるのであれば、あなたも長文の返信を。

無意識のうちに人は自分が丁度いいと感じる長さの文をおくります。

なので恋人の文の長さに合わせれば間違いないでしょう。

 

答えやすい質問とは?

答えやすい質問とは、1~5秒程度で回答できるような質問のことです。

まず、答えづらい質問の例を見てみましょう。

答えづらい質問
  • 「今度のデートどこいく?」
  • 「今日○○なことがあったんだよね。どう思う?」

例えばこんな質問をされると、聞かれた側は「うーん・・・」と考えてしまいますよね。

恋人がLINEをするのが面倒だと思っている場合、考えなければならないLINEは嫌煙されてしまいます。

では次に答えやすい質問の例を見てみましょう。

答えやすい質問
  • 「○○(漫画)の最新刊読んだ?」
  • 「今度のデート水族館か映画館どっちがいい?それか他に行きたいとこあったら教えて!」

このようにYESかNOで答えられる質問か、質問に選択肢を用意してあげるとグッと答えやすくなります。

 

恋人が興味を持っている話題のLINEを送る

もちおくん
もちおくん
興味を持っている話題かー・・・
例えば趣味とか、ハマっている漫画やゲームでもいいよ!
おもち
おもち

恋人のLINE頻度が低いときの対処法の2つめは「恋人が興味を持っている話題のLINEを送る」です。

サクッと返信できることと同じくらい、返信したくなる内容のLINEを送ることが大切になります。

返信したくなる内容とは、趣味や好きなものなど、相手が興味関心のある話題です。

会話も長続きし、盛り上がりやすいのでおすすめです。

 

しかし恋人の趣味や好きなものの話題を振る際は注意点がある

恋人の趣味や好きなものの話題を振る際には注意点があります。

それは浅い知識で踏み込まないことです。

浅い知識で話題を振ると?
  • 話についていけなくなり、あなたがしんどくなる
  • あなたが話についていけないと、恋人は話の説明しなければならなくなる
  • 話の内容が薄くなる

返信が遅い人の多くは無駄なやり取りを嫌う傾向があります。

ではどうするのかというと、恋人の趣味にチャレンジしたり、恋人の好きなことを事前に調べたりしておくといいでしょう。

「めんどくさっ!」と思うかもしれませんが、共通の話題を作ることもできますし、盛り上がることは間違いないのでおすすめです。

 

LINEを送る時間帯を意識する

もちおくん
もちおくん
手が空いたときにLINEを送ればいいんじゃないの?
返信が返ってこない相手に対してはもう少し工夫が必要だよ!
おもち
おもち

恋人のLINE頻度が低いときの対処法の3つめは「LINEを送る時間帯を意識する」です。

具体的には「恋人が携帯を見る時間帯」を狙ってLINEを送ります。

なぜなら大抵の人は、直近のLINEの方が返信しやすく、トークが古くなっていくほど返信しづらくなるからです。

例を出して詳しく説明します。

  1. 仕事中にLINEがきた。帰宅後6時間前のLINEに返信する
  2. 仕事終わりにLINEがきた。帰宅後30分前のLINEに返信する。

①と②どっちが返信しやすいと思いますか?実は圧倒的に②の方が返信しやすいと感じる人が多いのです。

人間は時間が経てば経つほどやる気がなくなる性質に加え、古いものより新しいものを好む性質を持ち併せます。

そのため6時間前のLINEより、30分前のLINEの方が返信する気持ちになるということです。

なので、相手が返信できる時間帯にLINEをすることで、返信を促すことができます。

 

恋人からLINEの返信がないときのNG行動2つ

「返信遅すぎ!」遠距離の恋人のLINE頻度が低いときの対処法【H2-2】

恋人からLINEの返信がないときのNG行動は下記2つです。

LINEの返信がないときのNG行動
  1. 返信を催促する・追撃LINEする
  2. なぜ返信をくれないのか理由を聞き出す

返信がこないときは基本的に「待つ」のが吉です。

しかし不安や焦りから、上記のような行動を取ってしまう人も多いと思います。

ではなぜ上記の行動がNGなのか、詳しくお話ししていきます。

 

返信を催促する・追撃LINEする

返信を催促したり、追撃LINEをしたりするのは、相手に面倒くさいと思われる原因になります。

また人は追われると逃げたくなるものです。

執拗に返信を催促すると、避けられ、返信の頻度が余計に低くなってしまうことに繋がります。

遠距離で相手が何をしているのか分からず、心配になる気持ちはよく分かりますが、グッと堪えましょう。

 

なぜLINEしてくれないのか理由を聞き出す

なぜLINEしてくれないのか理由を聞き出すことは、恋人に負担をかけてしまう可能性があります。

理由を聞いて、返信してもらえるよう対策を考えたり、理由を聞いて安心したりしたいと考える人も多いと思います。

しかし恋人が「LINEをしない本当の理由」を話す可能性は限りなく低いです。

仮にLINEしない理由が「面倒くさかったから」だとしても、大抵の人は「忙しかった」と答えるでしょう。

LINEはしたくない。でもあなたのことも傷つけたくない。だから本当の理由は話さない。

気持ちの矛盾を抱えた恋人は、精神的に負担を感じてしまう上、LINEの頻度を改善することもできないでしょう。

なので、理由を聞き出すことはやめた方がいいのです。

 

ストレスのないLINEのペースを作るための話し合いについて

「返信遅すぎ!」遠距離の恋人のLINE頻度が低いときの対処法【H2-3】

ストレスのないLINEのペースを作るためには、お互いのLINEに対する考え方を話し合うことが大切です。

お互いの考え方を理解することで、相手に合わせたり、気遣いができるようになったりします。

例えば、あなたは遠距離恋愛をしている恋人が心配だから、1日1回はLINEをしたいと考えているとします。

しかし恋人は、要件さえ伝えられればいいから、LINEは1週間に1回でいいと思っているかもしれません。

最初は考え方の違いに戸惑うでしょう。

ですがあなたたちは恋人同士です。考え方の違いが分かれば、不思議と相手に合わせ、相手が喜ぶ行動を取りたくなるものです。

もちろん時間はかかりますが、お互いが歩みよれる未来のために今、話し合いましょう。

 

話し合いの注意点

話し合いをする際の注意点が2つあります。

話し合いをする際の注意点
  1. ルールを決めない
  2. 感情的にならない

ルールを決めた時点で、LINEすることが義務になってしまいます。

また、考え方の違いから相手を批判したくなる気持ちも出てくるかもしれません。

しかし話し合いをするのは、お互いが納得するLINEの頻度を決めるためでも、喧嘩をするためでもありません。

あくまでお互いの考え方のズレを認識するためです。

そもそもルールを決めても、これまでのLINEの習慣がそう簡単に変わるとは思いませんし、「守れなかったら」というプレッシャーも負担になってしまいます。

なのでお互い負担にならないようルールを決めたり、感情的にならないように注意をしましょう。

 

まとめ:「返信遅すぎ!」遠距離の恋人のLINE頻度が低いときの対処法3つ

「返信遅すぎ!」遠距離の恋人のLINE頻度が低いときの対処法【H2-まとめ】

本記事では、遠距離恋愛の恋人のLINE頻度が低いときの対処法についてお話させていただきました。

重要なポイントを振り返ってみましょう。

恋人のLINEの頻度が低いときの対処法
  1. 適切な文の長さと答えやすい質問を意識する
  2. 恋人が返信したくなるような話題を振る
  3. 恋人が携帯を触る時間帯を見計らってLINEする
  4. 追撃LINEや返信が遅いことを聞き出すようなNG行動は避ける
  5. LINEに対する考え方をしっかり話し合う

恋人からのLINEがあったら、本記事の内容を思い出して返信したり・対処したりするようにしてみてください。

 

LINEの待ち時間を楽しく過ごしたい方は【1ヵ月無料】遠距離恋愛を最高に充実させる「U-NEXT」を読んでみてください。

 


 

以上で終わりです!

ここまで読んでいただきありがとうございました!

Twitterもやっておりますので、下のプロフィールのTwitterアイコンからフォローしていただけると嬉しいです。

記事の更新情報などを発信しています。

ではでは!

おもち
おもち
ばいばい!
ABOUT ME
おもち
主に遠距離恋愛の不安や悩みについてのブログを書いています。 自身も遠距離恋愛中であり、交際歴は約7年です。 【簡単に僕の自己紹介】職業:設計職 | 年齢25歳 | 趣味:カラオケ、ギター、ブログ、心理学のお勉強 | 好きな食べ物:オムライスとグラタン | 苦手なもの:人混み | Twitterもやってますのでよかったらフォローお願いします(/・ω・)/