長続きのコツ

【遠距離】恋人との連絡頻度を1日10回以上にする3STEP【連絡頻度の調査結果も公開】

遠距離_連絡頻度_アイキャッチ
もちおくん
もちおくん
遠距離恋愛中の恋人から連絡が全然返ってこなくて不安・・・という相談がきているよ
遠距離恋愛だと会えない分、こまめに連絡を取り合いたいよね。
おもち
おもち
もちおくん
もちおくん
連絡頻度を高くするにはどうすればいいの?
今回はその方法について詳しく話していくよ!
おもち
おもち

 

  • 恋人からの連絡頻度が低くて寂しい
  • 遠距離恋愛をしている他のカップルの連絡頻度が気になる
  • 連絡頻度を改善する方法があれば知りたい

この記事はこういった悩みや疑問を持っているあなたに向けて書いています。

 

本記事の内容
  • 【調査結果】みんなの連絡頻度は?88組の遠距離カップルの連絡頻度
  • 恋人との連絡頻度を1日10回以上にする3STEP
  • 恋人の連絡頻度が少ないときのNG行動

 

  • 恋人との連絡頻度を1日10回以上にできます

 

この記事の執筆者:おもち

  • 遠距離恋愛歴7年
  • 心理学を勉強しています
  • Twitterで恋愛相談受付中

 

【調査結果】みんなの連絡頻度は?88組の遠距離カップルの連絡頻度

遠距離_連絡頻度_H2-1

SNSで遠距離恋愛をされている方の連絡頻度を調査しました。

こちらが結果。

遠距離カップルの7割以上が毎日連絡を取り合っていることが分かりますね。

その中でも1日数回以上のやりとりをしているカップルがほとんど。

遠距離恋愛で会えない分、たくさん連絡したいと考えている人が多いということです。

 

遠距離恋愛のベストな連絡頻度は?

調査結果で、7割以上のカップルが毎日連絡を取り合っていることが分かりましたね。

では、毎日連絡するのがベストなのかというと、そうではありません。

 

ベストな連絡頻度は、お互い負担にならない頻度。

無理して連絡したり、連絡がこないのを我慢していたりする関係は長く続きませんからね。

 

そうは言っても、毎日連絡したい!できることなら1日10回以上は連絡を取り合いたい!

そんなあなたに向けて、あなたと恋人のベストな連絡頻度を1日10回以上にする方法をこれからお話していきます。

 

【遠距離】連絡頻度を1日10回以上にする3STEP

遠距離_連絡頻度_H2-2

遠距離の恋人との連絡頻度を1日10回以上にするための3STEPは下記。

連絡頻度を上げる3STEP
  • STEP1:連絡頻度について話し合う
  • STEP2:恋人が返信しやすいように工夫する
  • STEP3:自分磨きをする

順番に詳しくお話していきます。

 

STEP1:連絡頻度について話し合う

まずはじめに、恋人と連絡頻度について話し合ってください。

 

例えば、あなたが「1日10回くらいはやりとりしたい」と言っても、恋人は「3日に1回で充分」なんて答えやがるかもしれません。

でも冷静に。それでOKです。

 

恋人は、あなたが「1日10回は連絡してほしい」と思ってることなんて知らなかったはずです。

あなたも、恋人が「3日に1回の連絡で充分」だと思っていることを知らなかったでしょう。

 

まずはお互いの考え方を知ることが大切。

知らなければ相手に合わせることも、相手を気遣うこともできませんから。

まずは知る。これだけでいいです。

 

STEP2:恋人が返信しやすいように工夫をする

当然ですが返信しやすい内容ほど返信されやすく、返信し辛い内容ほど、後回しにされたり、スルーされたりします。

なので恋人が返信しやすいように工夫していきましょう。

手軽にできるものがあります。

 

文面の内容を具体的にしましょう。

AとBどっちが返信しやすいでしょうか?

A:「今日のランチはパスタを食べたよ。」

B:「今日のランチは駅前のパスタ屋さんでカルボナーラを食べたよ。」(画像付き)

多くの人はBの方が返信しやすいと答えるはずです。

なぜなら内容が具体的で情報量が多いから。

 

Aの場合は「そうなんだー」としか答えられません。

気が利く人は、「なんのパスタを食べたの?」と会話を広げる努力をしてくれるかもしれませんが。

情報量が少ないと「流す」か、「質問する」か、しかない。

ただまあ、流されるでしょう。

連絡無精の人が、自分の興味のないことを丁寧に質問して、会話を広げるなんてことはしないですから。

 

Bの場合は「美味しそうだね」「私/俺もカルボナーラめっちゃ好き」「駅前と言えば、新しいパンケーキ屋さんできたよね?」といったように、情報が具体的な分、返信の切り口がたくさんあるわけです。

小さな工夫ですが、是非実施してみてください。

 

返信されやすくする小技

もうひとつ、小技を紹介します。

恋人がスマホを触っているであろう時間帯を狙って、連絡するようにしましょう。

 

①と②、どっちが返信しやすいでしょうか?

  1. 今来た連絡
  2. 5時間前に来ていた連絡

多くの人は、①の方が返信しやすいと感じます。

なぜなら、時間が経った連絡は返し辛くなるから。

それに人間は古いものより新しいものを好みます。

 

だから、恋人が仕事をしている時間に連絡するよりも、帰宅して家でくつろいでいるタイミングを狙いましょう。

 

STEP3:自分磨きをする

連絡頻度が低い理由として、正直、恋人が余裕ぶっこいている可能性があります。

もっとあなたのことを追わせましょう。

 

例えば

  • スキンケア
  • ダイエット・筋トレ
  • 資格を取る

なにかしらの成果を上げるといいです。

 

「ほったらかしにしてたら、他の人に取られるんじゃないか」と危機感を与えてやりましょう。

あなたの希望に合わせて、恋人は連絡してくるようになります。

決して無理やり連絡させているわけではありませんし、恋人が返信しやすいように工夫もしています。

 

お互いに嫌な思いをせず、自然に連絡頻度を高くすることができますよ。

 

恋人の連絡頻度が低いときのNG行動

遠距離_連絡頻度_H2-3

恋人の連絡頻度が低いときのNG行動は下記です。

連絡頻度が低いときのNG行動
  • こちらも連絡しない
  • 連絡を強制・催促する

順番にお話していきます。

 

こちらも連絡しない

気を遣って連絡しない、もしくは恋人に対抗して連絡しないという人もいるかもしれません。

 

しかしこれは危険。

あなたが辛くなる一方で、なにも解決しません。

自然消滅したり、気持ちが離れてしまったりする可能性があります。

 

連絡しなくていいのは、喧嘩中、頭を冷やすときくらいです。

 

強制・催促する

やれといわれるとやりたくなくなるのが人間です。

余計に連絡頻度が低くなってしまうので注意です。

 

恋人が自らの意思で連絡してこなければ意味がありません。

 

【遠距離】恋人との連絡頻度を1日10回以上にする3STEP【連絡頻度の調査結果も公開】:まとめ

遠距離_連絡頻度_H2-まとめ

本記事では、「恋人との連絡頻度を1日10回以上にする3STEP」についてお話させていただきました。

3STEPを簡単に要約します。

STEP1:お互いの「丁度いい連絡頻度」を理解する。

STEP2:ストレスなく返信できることが絶対条件。内容を具体的にして、返信の切り口を用意してあげる。

STEP3:自分を追わせる。恋人に、連絡する必要性を感じさせる。

是非お試しあれ!

 


本記事でお悩みを解決できそうになかったり、心配や疑問がありましたら、お気軽にお問合せフォーム、もしくはTwitterからご相談ください。

 

以上で終わりです!

ここまで読んでいただきありがとうございました!

Twitterのフォローもしていただけると嬉しいです。

記事の更新情報などを発信しています。

ではでは!

おもち
おもち
ばいばい!
ABOUT ME
おもち
遠距離恋愛から結婚/同棲を実現するためのブログを書いています。 自身も現在遠距離恋愛をしており、遠距離恋愛歴は7年になります。 【プロフィール】職業:設計職 | 年齢26歳 | 趣味:カラオケ、ギター、ブログ、心理学・お金の勉強 | 好きな食べ物:オムライスとグラタン | 苦手なもの:人混み | Twitterもやってますのでよかったらフォローお願いします(/・ω・)/